結婚式に電報を贈るなら文章にも工夫しよう

新着情報

結婚式に電報を贈るなら文章にも工夫しよう

ギフト

仲の良い友人への文章

仲の良い友人が結婚式を挙げた場合、電報を贈ることも多いでしょう。この時の文章としては、思い出などを入れるのがポイントになります。また、友人と自分しか知らないような話も文章の中に入れておくと、より良い電報になるでしょう。

電報

職場の同僚への文章

職場の同僚の結婚式に電報を贈ることもあります。新郎新婦の人柄を分かりやすく伝えることが、職場の同僚への電報の文章ではポイントとなるのです。また、同じ職場の人と連名で電報を贈る方法もあります。多くの人が祝福している感じが出せるでしょう。

女の人

親族への文章

親族の結婚式に贈る電報の文章では、幼いころの出来事などを入れるのがポイントとなるのです。また、電報を贈る人の成長を知ることができる文章を意識しましょう。硬い文章よりも、柔らかさのある文章が親族の電報では適していると言われています。

結婚式電報のNGワード

電報

終わるや終わり

結婚式の電報の文章には、終わるや終わりといったワードを入れないようにしましょう。幸せな結婚生活の終わりを連想させてしまいます。

切れるや切れた

NGワードとしては、切れるや切れたなども挙げられます。二人の関係が途絶えてしまうといった悪いイメージを持たれてしまうワードです。

重ね言葉

ますますや色々、重ね重ねなどの重ね言葉も結婚式の電報ではNGワードとなります。重ね言葉は、結婚を何度も繰り替えすことを想像させるからです。

花の名前

結婚式の電報にはそぐわない花言葉を持った花もあります。ひまわりやアジサイなどは、傲慢や冷淡という花言葉を持っているのでNGです。

広告募集中